パソナは東京2020オリンピック・パラリンピックに
向けて働くスタッフを募集しています

パソナは東京2020オリンピック・パラリンピックに向けて働くスタッフを募集しています

東京2020大会に向けて働く
2020/12/29

人生一度きり。東京2020大会を創る仕事は、視野を広げ人生観も変えました/総務局 人事部の盛さん

ボランティアへの興味からパソナの大会スタッフ(職員)に応募

前職の在職中、東京2020オリンピック・パラリンピックのボランティアについて、ずっと興味がありました。ところが、詳細を確認すると、活動期間が長く、会社の休みが取れるか不安になり、応募は諦めてしまいました。
その後、ちょうどいいタイミングで仕事を辞めた時、たまたまパソナの大会スタッフ(職員)の広告を見て、ボランティアでなくても東京2020オリンピック・パラリンピックに関われる機会がある!と思い、すぐに応募しました。
応募のきっかけは、世界的な大会に興味を持っていたので、人生1度きり、チャレンジしてみたいと思った事です。3月の中旬にパソナから就業決定の連絡をもらえた時は、とても嬉しく感じましたね。

コロナにより新たに生じた業務を経験

そして、4月から勤務開始。東京2020組織委員会の中で、総務局人事部に所属になりました。
仕事内容は、主に全職員の在宅勤務における予定表の収集、完全在宅の方のリスト抽出、通勤交通費の確認・連絡対応、在宅勤務の問い合わせ、コロナ関係のポスター貼りなど。コロナがあった事で、新たに発生した業務を対応させていただきました。

母国語である中国語も活かせた

他には、中国語で書かれた書類の翻訳や、日本語が分からない外国の方からの英語での問い合わせに対して、簡単な英語しか出来なかったのですが、翻訳サイトを頼りに対応しました。
相談やクレームの1次対応をする事もあったのですが、前職で顧客対応の経験があったので、1人1人の様々な問い合わせに対し、良好なコミュニケーションを取って、対応する事ができたと思っています。
初日にPCを受け取ってから、暫くコロナの関係で在宅勤務になりましたが、上司の方と日々チャットをしたり、連絡も頻繁に取る事が出来たので、問題なくスムーズに業務が出来た点はとても有難かったですね。また、皆さんとても親切で、入った当初困った顔をしていたのか、「大丈夫ですか?」とすぐに声をかけて下さりました。分からない事が起きて、同僚の方にメールで相談をしたら、長文で丁寧に返してくれたりして、上司だけでなく、困った時は誰にでも、質問すればすぐに教えてくれました。ほんとにとても助けられましたね。皆さん前向き、そしていつも笑顔で、ストレスを感じない、素晴らしい職場でした

組織委員会の魅力、2つ

組織委員会の魅力は沢山ありましたが、1つは先ほども述べたように、困難な問題や課題が起きても自分の上司や周りの方が、丁寧に相談に乗ってくれてしっかりとやり方を教えてくれることでした。
とてもコミュニケーションが取りやすい環境と、雰囲気の良い方々でした。なので、もしコロナがなかったら、仕事以外にもお食事したりお酒を飲みに行ったり、色々な方ともっと交流を深めたかったです。
問い合せのやりとりをする中で、中国の方ですか?と話しかけて下さる方もいましたが、結局顔を合わせる事なく終了となってしまったのが、少し残念でもありました。

2つめは、就業中に組織委員会主催の勉強会に沢山参加させていただいたことです。
例えば障がい者の立場から世界を見る、という勉強会や、LGBTについて、宗教や人種についての考え方など、様々なコンテンツのオンライン勉強会でした。
これらの勉強会を通じて、今まで知り得なかった知識を蓄える事ができ、非常に勉強になりました。自分以外の周りの人々に対して、今まで以上に優しく接する事が出来る様になったと感じています。視野も広がり、人生観も変わったように、今感じています。

来年の大会に向けた意気込みや思い

来年の大会に向けて、もっと色々な国籍の方ともコミュニケーションが取りたいと思っており、今英語をはじめ、様々な言語の勉強をしています。本を読んだり、単語を覚えたり、出来るだけ身近な所から少しずつ勉強しています。

今やっている事はすべて来年の大会に向けての準備だと思っています。自分の生活都市でオリンピック・パラリンピックが開催される事って、とても珍しい事ですよね。老後に過去を振り返った時、東京でオリンピック・パラリンピックがあって、自分がそのイベントの一員となって頑張った、という思い出があるってすごいじゃないですか。
記憶に残すためにも是非応募してみてください!みんなで盛り上がっていきましょう!
今年で日本に来て13年目。住みやすい日本にこれからも長く住みたいと思っています。組織委員会で働いた事で今の自分があるなと思えるくらい、貴重な経験が出来ました。

パソナに登録して
大会スタッフ(職員)に応募する