パソナは東京2020オリンピック・パラリンピックに
向けて働くスタッフを募集しています

パソナは東京2020オリンピック・パラリンピックに向けて働くスタッフを募集しています

東京2020大会に向けて働く
2021/01/05

東京2020大会の思い出を持ち主に届ける。競技会場の落とし物を管理する仕事/大会運営局 会場サービス部・五頭さん

たまたま見つけたパソナの募集!募集人数も多く目を引きました

組織委員会で働くまでは、歯科助手や、販売の仕事に長く携わっていました。
7年前に東京でオリンピックの開催が決定した時、競技を実際に観に行きたいな・・から、せっかく東京でやるなら、スタッフやボランティアとして、「オリンピックに関わる「仕事」をしてみたいな」と思うようになりました。
でもどうやったら働けるの?果たして募集はあるの?? 全くわからず漠然と考えていた時、7年働いた販売職の仕事を辞める事になったのです。
次の仕事について少しずつ考えだしていた時、パソナの募集サイトを発見!
派遣社員としてオリンピックに関われる仕事がたくさんある!と一瞬で目を引きました。
自分に何が出来るかは分かりませんでしたが、何か携われるかもしれない、携わりたいと、思い切って応募する事に。そして、ご縁があって採用となりました。

今まで経験したことのない、全く新しい「落とし物」の仕事

私は数あるFA(ファンクショナルエリア)の中でも、「イベントサービス(EVS)」というFAに、配属されました。
イベントサービスは、競技会場を訪れる観客のご案内、迷子人対応や落とし物を取り扱いする部署で、私は、主に、インフォメーションブースで使用する資料の作成等を担当。警視庁から派遣された職員の方と、パソナの大会スタッフ(職員)の方とで、一緒に仕事に取り組んでいました。
実際仕事をしてみると、私にはまず「落とし物」の基本的な知識がないわけです。
それで、同じチームの警視庁派遣の職員の方から、ルールや法律、例えば落とし物をした時、拾った方への謝礼についてなど、専門的な知識を詳しく丁寧に教えていただきました。
警視庁の方と一緒に働くと伺った際は、厳しそうで、やっていけるかな・・・という不安もあったのですが、優しい方ばかりで、働きやすい、明るい雰囲気の中、楽しく仕事をする事が出来ました。

その後、就業開始3日で緊急事態宣言もあり、在宅での勤務を余儀なくされました。
オンラインでのコミュニケーションが中心となったのですが、「どんな事でもいいので、何でも聞いてね」と職員の方が優しく言ってくれたのが、とても心強かったです。
また、警視庁の遺失物センターや、東京スタジアムにも視察に行かせてもらい、資料で確認していた所を実際の目で確認できたのは、とても貴重な経験でした。

経験がないからこそ、役にたてた事もある。

現場の資料やオペレーションはある程度出来ていましたが、1年延期になった事で、もっと煮詰めていこう、見直そう!という時間になりました。
そんな中、既に作成済みの資料について、「一般的な感覚で意見を欲しい。誰でもわかる資料にしたい。」と言われました。改めて資料を確認すると、組織委員会や警察関連の専門用語が盛りだくさんで難しい・・・結果、沢山の質問や指摘をさせていただきました。
むしろ専門知識がない身だからこそ、お役に立てたのかもしれません。後に専門用語は、仕事をしていく中で、自然と頭に入ってくるようになりました。

大会の成功に向け、ベクトル一緒の仲間と働けた事は、一生話せる自慢の経験!

国際的なイベントを、みんなで成功にむけて頑張ろうというベクトルが全員一緒の中で働けた事は、
一生に1度の貴重な経験になりました。
改めてその一員になれた事を、とてもありがたく感じています。
様々な経験、経歴を持った方が沢山働いていて、その方々から沢山の興味深いお話を聞く機会もあって、とても勉強になりました。
そういった事は、まさしく組織委員会の魅力の1つだと思いますね。
あとは、一生話せる、自慢のお仕事が出来たという事ですね!

またもしパソナで大会スタッフ(職員)事務局の仕事が開始されたら、是非、やりたいです。
募集再開が待ち遠しいです!

一視聴者から一関係者へ!

ちょっとでもやってみたいなと思う気持ちがあれば、是非、応募してみてはいかがでしょうか。
ほとんどの人がTVの前の観戦者だと思いますが、スタッフとして一関係者になることで、思い入れや東京2020オリンピック・パラリンピックへの熱い気持ちが全然違ってきます。
これから違う国でオリンピック・パラリンピックが開催されたとしても、一味違う気持ちで見られると思います。
チームで行動する事も多いですし、周りの方々も沢山サポートしてくださります。
是非チャレンジしてみてください。

最後に・・・・
半年間働いて、とっても楽しかったこの気持ちを、是非皆さんにも感じてもらいたいです。
組織委員会での経験は、私にとって、一生の思い出です!!

パソナに登録して
大会スタッフ(職員)に応募する