パソナは東京2020オリンピック・パラリンピックに
向けて働くスタッフを募集しています

パソナは東京2020オリンピック・パラリンピックに向けて働くスタッフを募集しています

働いて輝く
2019/10/07

東京2020大会での経験を最大限に活かしてキャリアアップを実現しよう!

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下、東京2020大会)に携わり、そこで働いた経験を、その後のキャリアに活かす──。そうした目標を実現するためには、「なんとなく東京2020大会に関わりたい」といった漠然とした気持ちでお仕事に向き合うのではなく、大会後のキャリアをしっかりと見据えて臨むことが肝心です。

そうすれば、きっと自信を持って東京2020大会のお仕事に取り組むことができ、次のお仕事に活かせるスキルも手に入れられるはず。

ここまで、東京2020大会を通じてキャリアアップを果たすために、どのような準備や心構えが必要かについてご紹介してきましたが、連載の最後にお伝えするのは、大会に携わって得た経験を、「その後にどう活かしていくか?」についてです。東京2020大会後のキャリアを考えるうえで知っておきたいこと、意識しておくと良いポイントなどをまとめました。

これまでの連載記事は、以下をご覧ください。
【東京2020大会×キャリアアップ①】キャリアプランの考え方って?東京2020大会で働いた経験をキャリアアップにつなげよう!
【東京2020大会×キャリアアップ②】自分の「強み」を見つける方法って?強みを活かして東京2020大会のお仕事にチャレンジ!
【東京2020大会×キャリアアップ③】お仕事復帰したい方から短期集中で働きたい方まで!キャリアづくりのヒント

挑戦の場としても最適!東京2020大会の経験がキャリアアップにつながる理由

まずは、東京2020大会で得られる経験がなぜ今後のキャリアアップにつながっていくのか、そしてキャリアアップを実現するためには、どんなことを意識して東京2020大会に臨めば良いのかをご説明していきましょう。

■東京2020大会での経験が、なぜキャリアアップにつながるの?

東京2020大会では、さまざまな職種や業務で多くの人材が求められるため、未経験者でも希望のお仕事に就ける可能性が十分にあります。東京2020大会をステップに、憧れの職種を目指すという道も。東京2020大会での貴重な経験は、自身のスキルアップや、キャリアにおける自信にもつながるでしょう。

また、新しいお仕事に挑戦することで、これまで出会うことのなかった方々とのビジネスの接点や交流が生まれるはずです。お仕事によっては、多様な価値観を持つ、さまざまな国籍の方とのお仕事を通して、自分の視野を広げることも。東京2020大会の成功という大きな目標達成に向けて、上司や同僚をはじめ、大会運営に関わる方々と、ともに切磋琢磨し合うなかで、きっとあなた自身も大きく成長できるでしょう。

■東京2020大会での経験をキャリアアップにつなげるためには、どうすれば良いの?

東京2020大会での経験を、今後のキャリアに活かしていくためには、自分の強みや適性を理解し、大会後の目標やお仕事の計画、今後のキャリアプランを事前に考えたうえで、お仕事に臨むことが大切です。

「東京2020大会という世界的なスポーツイベントに関わった」という経験は、ご自身のキャリアにおける大きなPRポイントとなるはず。ぜひ、上記でご紹介したこれまでの記事も参考に、「東京2020大会での経験を、どのように今後のキャリアにつなげていくか」について考えてみてくださいね。

東京2020大会後のお仕事について、就職活動はいつからするべき?

先ほど「東京2020大会の経験をキャリアアップにつなげるために、キャリアプランについても考えておくべき」とお伝えしましたが、必ずしも次の就業先を決めておく必要はありません。

それでも、次にどんなお仕事がしたいかという“方向性”だけは、しっかりと持っておくことが大切です。ここからは、「東京2020大会後のお仕事を決めるタイミングはいつが良いのか」について考えてみましょう。

■今後のキャリアプランがより具体的に決まっている方

東京2020大会のお仕事は期限が決まっているお仕事なので、期限を見据えたうえで、次の就職活動を進めることをオススメします。これから目指すキャリアに必要な要素を理解したうえで、東京2020大会に臨めるのは、それだけでも大きなメリットと言えます。東京2020大会では、希望のキャリアプランに基づいた関連業務に就き、必要なスキルの習得も目指すと良いでしょう。

■今後のキャリアプランが具体的に決まっていない方

今後のキャリアについて「まだ具体的には決まっていない」という方は、東京2020大会後に就職活動をはじめても遅くはありません。「東京2020大会で働く」という貴重な経験を積むことで、身につくスキルや自分の新たな可能性の発見もあるはず。それらに基づいてキャリアプランを考えていけば、今後のお仕事探しもスムーズに進められるのではないでしょうか。

もちろん、今後のキャリアに迷った時や、プロの専門家に相談したいという時には、いつでもパソナにご相談ください。皆さんのこれまでのキャリアを活かせるようなお仕事探しや、キャリアづくりのサポートをさせていただきます。

東京2020大会での経験をどのようにアピールするか?

東京2020大会でのお仕事を終えて、次のお仕事を探す際に、たとえば面接などで、「東京2020大会で得た経験」について説明する機会も多くなることでしょう。

そうしたときは、ぜひ「東京2020大会に携わったからこそできた経験・得られたスキル」について自信を持って語ってください。以下の3つのポイントを踏まえて、自分の強みやスキル、ビジョンとともに、具体的に伝えられるようにしておきましょう。

<例>東京2020大会で「要員管理」のお仕事を経験

■ポイント① 具体的にどんな仕事内容だったか、どんな経験をしたか

具体例
・どの業務に、どんなスキルを持った人材が、どれくらい必要かなどの要員計画を立てた。
・各部署と調整しながら、新人研修やスキルアップ研修などを実施した。

■ポイント② どんな経験・スキルを得て、どのように成長できたか

具体例
・大勢の方を管理する経験を得て、管理者としてのコミュニケーション能力や調整能力を培った。
・大型イベントの運営に関する知見を得た。

■ポイント③ 東京2020大会での経験を次のお仕事でどのように活かせるか

具体例
◇次のお仕事が「イベント・プランニング関連」の場合
・経験を基にした事前要員計画が立てられる。
・イベント当日の運営について、スムーズな対応ができる。
◇次のお仕事が「プロジェクトマネジメント関連」の場合
・プロジェクトチームの人材管理・育成ができる。
・マネージャーとしてチームメンバーと適切なコミュニケーションをとり、チームでの業務を進めることができる。

キャリアアップにつながる東京2020大会で働きませんか?

東京2020大会は、世界的に注目を集めるビッグイベントだからこそ、ここでしかできない経験がたくさんあります。東京2020大会関連のお仕事で得られるスキルや経験、出会った方々から受ける刺激、最後までやりとげた達成感や自信など、すべてがその後のキャリアアップにつながる大きな糧となることでしょう。

あなたもぜひパソナに登録して、このかけがえのないチャンスを、ご自身の明るい未来につなげてください!