パソナは東京2020オリンピック・パラリンピックに
向けて働くスタッフを募集しています

パソナは東京2020オリンピック・パラリンピックに向けて働くスタッフを募集しています

働いて輝く
2019/03/25

「派遣」の特徴をしっかり理解して、お仕事探しに役立てよう!

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会開催に向けて、国内全体の雇用が増加することが予想されており、「派遣のお仕事」のニーズも高まっています。そんな中、「派遣という働き方に興味はあるけれど、正社員や契約社員、アルバイトなど、他の雇用形態との違いが分からない」という方や、「派遣の特徴を知りたい」という方も多いのでは?今回は、“派遣”という働き方を選ぶ際に知っておきたいことをまとめました。

派遣社員は派遣会社と雇用契約を結んでいる

まず、派遣という働き方の特徴として、「派遣社員は派遣会社と雇用契約を結ぶ 」ということを理解しておきましょう。派遣社員が実際にお仕事をする場所は「派遣先」と呼ばれる企業ですが、派遣先とは直接の雇用契約を結びません。派遣社員はあくまでも登録した派遣会社と契約し、案内された派遣先でお仕事をします。

そのため、社会保険の加入や福利厚生サービスの提供※、給与支払いは、実際働いている派遣先ではなく、登録している派遣会社を通じて行われます。

※パソナの社会保険や福利厚生サービスの加入条件・詳細については、下記ページよりご確認ください。
社会保険・雇用保険|株式会社パソナ
福利厚生|株式会社パソナ

「正社員・契約社員・アルバイト・パート」の特徴

次に、派遣社員以外の特徴について、大まかに把握しておきましょう。ここでは、「正社員」「契約社員」「アルバイト・パート」の特徴についてご紹介します。

●正社員

一般的に、期間の定めのない長期雇用を前提として、企業と直接雇用契約を結んで働く社員のこと。一つの会社に属し、その会社で長期的なキャリアパスを描きたい方や、会社の中核業務を担っていきたいという方に向いている働き方。管理職を目指すといったステップアップも可能です。

●契約社員

一定の雇用期間を決め、企業と直接契約を結んで働く社員のこと。勤務時間や給与などは個別に決定します。期間や業務内容を決めて働きたい方や、正社員を目指すステップとして選ぶ方もいます。短期間の契約の場合と、3~6か月毎に契約更新を行って就業するケースがあります。

●アルバイト・パート

企業と直接雇用契約を結び、「例えば、週1日・3時間勤務」といった短時間(パートタイム)や、短期間での就労も可能な雇用形態のこと。業務内容によりますが、個人の裁量が少ない補助業務を任される場合が多く、学業や家事、育児などと両立したい方など、自分の希望するシフトで働きたい方に向いています。一般的には、勤務時間などで表記を使い分けているケースもありますが、アルバイトとパートに大きな違いはありません。

派遣でのお仕事探しをオススメしたいのはこんな方!

また、お仕事を選ぶ際、以下のようなご要望がある方は、派遣会社を活用した転職活動を考えてみてはいかがでしょうか。その理由をご紹介します。

■派遣会社から希望に沿った仕事を案内してもらいたい

派遣会社に登録すると、一人ひとりに営業担当者がつき、あなたのお仕事探しをサポート。今まで培ってきたスキルや将来の希望に沿ったお仕事をご案内します。

■憧れの企業で働きたい

正社員採用ではハードルが高いとされているような有名企業でのお仕事も、派遣社員なら随時募集があることも。

■ライフスタイルに合わせて勤務時間や勤務地を選びたい

ご自身のライフスタイルやご家庭の都合などに応じて、勤務時間や勤務地、業務内容などを選べるのが派遣という働き方。優先順位を決め、自分の希望条件を考えてみましょう。

■短期間で着実にスキルアップしたい

最初はサポート業務からスタートし、次はより専門的な業務に従事できる派遣先にチャレンジする、といったように、段階的なキャリアアップも可能です。専門スキルを磨けば磨くほど、職種や業務内容を選ぶことができるため、色々な会社で経験を積みながら、職種に特化したスペシャリストを目指すことができます。

■キャリアコンサルティング・スキルアップ研修を受けたい

多くの派遣会社で実施しているのが、独自のキャリアコンサルティングや研修プログラム。希望に応じて、キャリアコンサルティングやスキルアップ研修などの受講が可能です(一部有料講座もあり)。

派遣で働くときに知っておきたいこと

派遣社員として働く際に、あらかじめ知っておきたいことも併せてご紹介します。

■業務範囲が契約で決まっている

派遣会社と派遣社員の雇用契約締結時には、具体的な派遣業務内容、派遣期間・時間などを定める必要があります。 契約の際には、業務内容についてしっかり理解しておきましょう。もし就業した後に、業務内容などが変わることがあれば、改めて契約を取り交わすことになります。

■業務内容によっては即戦力が求められる

派遣先によっては、派遣社員は特定領域のエキスパートとして高度な専門知識やスキルを求められることも。お仕事を始める前に、自分のできることや持っているスキルをしっかりと棚卸ししておきましょう。

■長期が前提の契約でも、3~6か月ごとに契約更新を行うのが一般的

求人票に「長期(6ヶ月以上の可能性あり)」と記載があっても、3~6か月ごとに契約更新を行うケースが一般的。ただし、更新のタイミングで退職への強い意思があれば、契約を更新せず、「契約満了」として業務を終了することも可能です。

ライフスタイルに合わせて「あなたにとって一番良い働き方」を見つけよう

派遣社員、契約社員、正社員、アルバイト・パートなど、雇用形態ごとに特徴があるので、どの働き方が一概に良いとは言いきれません。しかし、自分自身のライフスタイルに合わせて、「あなたにとって良い働き方」を選ぶことが、自分らしいキャリアを築くための第一歩です。

まずは、今のライフスタイルの中で無理なく働けるのはどの雇用形態か、そして仕事に対して何を求めているのか、働くことを通して実現したいことをしっかり考えて、納得のいく働き方を選んでくださいね。

パソナは、自分らしく働きたいあなたを応援しています。お一人おひとりの働き方に合わせて、安心してご就業いただけるようにサポートいたしますので、お仕事をお探しの際には、ぜひご相談ください。

パソナに登録して
大会スタッフ(職員)に応募する