パソナは東京2020オリンピック・パラリンピックに
向けて働くスタッフを募集しています

パソナは東京2020オリンピック・パラリンピックに向けて働くスタッフを募集しています

働いて輝く
2019/08/09

モチベーションUPにも効果◎実践したい「目標設定」の方法って?

あなたには、「いつか海外で仕事がしたい」「憧れの企業で働きたい」など、キャリアに対する夢や目標はありますか?夢を実現させるためには、今の自分の現在地を客観的に把握し、その上で段階的かつ具体的な目標を設定することが大切です。目標を達成するために、いつまでに何をすべきかを書き出すことで具体的な計画が立てられ、モチベーションUPにもつながるでしょう。

しかし、どのようにすればより効果的な目標を設定することができるのでしょうか。そこで今回は、働く皆さんにぜひ実践していただきたい「目標設定」のポイントをご紹介します。

人は目標設定をするとモチベーションが上がり、行動に移すことができる

「海外で仕事がしたい」「手に職をつけたい」といった漠然とした夢は、具体的にどう叶えれば良いのかわかりづらいもの。そこで、夢が夢のままで終わらないように、しっかりと目標を立てて、そこへたどり着くための行動計画(アクションプラン)を設定しましょう。

例えば、「業務で英語を使う専門職にチャレンジしたい」という夢がある場合、英語を使う職種を調べ、興味を持った職種に就くために必要な条件をリサーチし、今の自分に足りない経験・スキルを洗い出します。

そして、「来年4月のTOEIC(R)テストで800点を取る」「そのために週3回英語のeラーニング講座に取り組む」など、目標実現のための具体的な計画を考えます。目指すべき方向が明確になり、そのための行動計画や期限を決めることで、行動につながる「やる気」も湧いてくるでしょう。また、設定した目標や行動計画は、心の中で思うだけでなく、友人に話したりSNSに投稿したり、誰かに決意表明することで、モチベーションの維持にもつながりやすいですよ。

目標設定にも役立つ!未来のありたい姿を描く「ドリームチャート」って?

では、具体的にどのように目標設定をすれば良いのか、考えていきましょう。目標設定を行う際の事前準備として実践したいのが、「ドリームチャート」と呼ばれる表を作成することです。

まずは、「現在」の自分の状況や、今の自分に「できること」を考えてみましょう。現状を把握するためには、これまでの経験を振り返って、自分が今持っているスキルや強みを確認する方法がオススメです。

そして、長期的な目線で、「3年後」「5年後」「10年後」などの「自分のなりたい未来の姿」をイメージして、「ドリームチャート」に箇条書きなどで書き出します。

次に自分が書いた「未来のありたい姿」をイメージしながら、「1ヶ月後」「半年後」「1年後」「3年後」など具体的な時間軸を設定して、項目別に、その時にどうなっていたいか、自分が「したいこと」を整理してみましょう。このとき、望んでいる生活スタイルや働き方など、自分の価値観を確認しつつ、まとめていきます

 
現在
1ヶ月後
半年後
1年後
5年後
10年後
〇年後
年齢
 
 
 
 
 
 
 
仕事 スキル
 
 
 
 
 
 
 
プライベート

ライフイベント
 
 
 
 
 
 
 
収入(年)

収入(月)
 
 
 
 
 
 
 

「ドリームチャート」を作成することで、自分の将来像やビジョンがより明確になるはず。目標設定をするときにも、この「ドリームチャート」が役立ちますよ。

具体的なアクションプランや目標設定の方法って?

「ドリームチャート」で明確にした将来のビジョンをもとに、具体的な目標やアクションプランを設定していきましょう。目標を設定することで、これから「すべきこと」がより明確になっていきますよ。

まずは、「3年後」「1年後」など大目標となる中長期的な目標から決めていきます。

●3年後:長期的な目標やキャリアイメージ
<例>バイリンガルセクレタリーとして活躍したい

1年後:中期的な目標
<例>役員秘書になってキャリアを磨きたい

次に、長期的な目標に近づくための第一歩として、「1ヶ月以内」など確実に達成できる短期的な目標を設定しましょう。

●1ヶ月以内:短期的な目標
<例>私は、(いつ)来週までに、(何を)eラーニングの講座を3つ受講する。

短期的な目標を設定できたら、目標達成のためのアクションプランや手段を考えていきましょう。

キャリアビジョン達成に向けてのアクションプラン

●目標達成にむけて必要なスキル・資格・業務経験・キャリア
<例>11月に秘書業務に関する検定試験にチャレンジする

●目標達成にむけてすべきこと、どのように達成するか、手段や方法など
<例>毎日の通勤中に英語のオーディオブックを聴く

「いつまでに」「何をするか」といった具体的な計画を立てること。そして、一つひとつ達成し、成功体験を積み重ねていくことで、モチベーションを維持しながら、着実に最終的な目標達成に近づくことができるはずです。

理想の自分に近づけるよう、今できることからチャレンジしてみよう

数年後の将来どんな仕事をしていたいか、どのような生活を送っていたいかについて考え、それを「目標」として設定する。そして、その目標を達成するために、「いつまでに」「何を」「どうすれば良いか」という具体的な行動計画を立て、実践していくというプロセスが大事です。

もしうまくいかない場合は、その理由を考え、今の自分に合った目標を再度設定し、着実に実践していくことが、「なりたい自分」に近づくための一番の近道です。

とはいえ、「自分の考えた目標設定が、現実的なのか分からない」というケースもあるでしょう。

そんなときにぜひ活用していただきたいのが、パソナの キャリアデザイン講座及び個別相談です。専属の専門家が、あなたの目標の立て方や夢を叶えるためのキャリアパスの描き方、そのために今やっておくと良いことを、プロの目線からアドバイスします。

パソナの登録スタッフの皆様なら無料で利用できるサービスですので、興味をお持ちの方はぜひご相談ください。