パソナは東京2020オリンピック・パラリンピックに
向けて働くスタッフを募集しています

パソナは東京2020オリンピック・パラリンピックに向けて働くスタッフを募集しています

東京2020を知る
2019/04/08

新しい挑戦や出会いが運命を変えた!ビーチバレーボール/草野歩選手インタビュー

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下、東京2020大会)を目指して、数多くのアスリートが日々努力を重ねています。その一人がビーチバレーボールの草野歩選手。アスリートとして第一線で活躍する一方、日本体育大学大学院で学ぶ学生でもあり、パソナスポーツメイト(※)の一員として働く社会人でもあります。

多くのアスリートが競技漬けの毎日を送る中、草野選手は現役引退後の人生を輝かせるために、アスリートとしてのキャリアに加え、大学院生・社会人としてのキャリアを日々積み重ねています。どうして新しいキャリアの築き方を選び、挑戦し続けることができるのか、その答えは彼女のこれまでの経験にありました。

今回は、ビーチバレーボールとの出会いからさまざまな転機、競技と学業・仕事との両立、そして、スポーツ選手のキャリア支援にかける想いまで、多岐に渡ってお話を伺いました。東京2020大会に向けて全力を尽くす、草野選手のリアルな声をお届けします!
パソナスポーツメイトとは・・・現役選手のダブルキャリアのサポートや、引退後のキャリア支援などを行うパソナの取り組み

ビーチバレーボールとの出会いは突然に!心に決めていた競技転向

もともと私がやっていたのは、屋内で行うインドアバレーボールでした。ビーチバレーボールと出会ったのは、高校3年生になる直前。当時3月に行われていた「春高バレー(全国高等学校バレーボール選抜優勝大会)」の予選敗退がきっかけでした。「これで部活も引退か…」と思っていたとき、監督から「ビーチバレーボールの大会に出てみないか」と声をかけていただいたのです。

正直、最初は軽い気持ちでビーチバレーボールに臨んでいたのですが、一ヶ月ほど練習したところ、全国大会で優勝することができました。それで調子に乗ったのでしょうか(笑)。大学でもインドアバレーを続けていましたが、すでに「卒業後はビーチバレーボールに転向しよう!」と決めていたので、並行してビーチバレーボールの大会にも出場していました。

当時のビーチバレーボールは、競技として日本での認知度がまだ低く、マイナーな印象がありました。しかし、競技者としてこれから一緒に盛り上げていけることのワクワク感、成長への期待、新しい競技だからこその開放的で自由な雰囲気など、今後の可能性に強く魅力を感じていました。

そして、大学卒業後にインドアバレーからビーチバレーボールに転向し、アルバイトをしながら大会を目指す日々がはじまりました。とはいえ、すぐに順風満帆とはいかず、2014年に韓国・仁川で開催された第17回アジア競技大会には日本代表として出場したものの、準々決勝で敗退。

このころ、日本のビーチバレーボールは、オリンピックやパラリンピック競技大会の出場枠を得ることもできていなくて、世界との差を強く感じました。私もアスリートとして一番苦悩した時代ですね。

「どうしたら勝てるのか」「どうしたら技術が上がるのか」「みんなと同じ練習していても駄目なのか」など、答えの出せない問題に悩み、コーチなど周囲の方と意見がぶつかることも多くなっていました。

大好きなのに、ビーチバレーボールが楽しめなくなっていて…。何をしていいのか見当もつかずに模索していたとき、声をかけてくれたのがコーチング学を学んでいた大学の先輩でした。

選手としての意識が180度変わった!目からウロコの大学院進学

もともとコーチング学に興味を持っていたこともあり、2016年、30歳のときに、日本体育大学大学院に進学しました。「ビーチバレーボールの競技力向上に得るものがあれば」という思いもあったのですが、結果として、競技だけでなく、人生を変える転換点になったと思います。

大学院では、たくさんの方々と出会いました。過去の経験も、学んでいることも、やっている競技も、年代も、さまざまな方と話すことで、今までの自分にはなかった視点で物事を捉えられるようになりました。そして、「デュアルキャリア」という言葉を知りました。

一般的に、アスリートは生活のすべてを競技に捧げて、「競技が人生のすべて」だと思って取り組む方がほとんどです。もちろん私もそうでした。しかし、競技生活を終えたあとの生活はどうなるのでしょうか。

「デュアルキャリア」とは、「競技と仕事」「競技と学業」など、現役のころから並行してもうひとつのキャリアを積んでおいたほうが良いという考え方で、ヨーロッパなど世界ではすでに広まっています。

私がビーチバレーボールを楽しめなくなっていたころ、海外の大会に出場した際に、「なんで海外選手たちはあんなに楽しそうなの?」と疑問に思ったことがありました。

「デュアルキャリア」という考え方を知って、「競技は人生の一部」だと分かったことで、やっとその理由に気づけましたね。彼らは競技以外の生活も充実させる選択をしていたり、そのための支援を受けたりしていたんです。

私も気づかないうちに、「競技と学業」という「デュアルキャリア」を選択していましたが、今では自分自身をロールモデルとして、研究や普及活動を続けています。

2つのキャリアを並行させるということは、それまで競技にかけていた時間と労力が減ってしまうことにもつながるため、それを心配してくれる声も多かったです。

しかし、実際は逆でした。これまでのトレーニングは、経験に基づいて行っていました。そこに、新しく学んだ知識がプラスされることで経験に根拠がつき、確信を持ってトレーニングを進められるようになったのです。

そのことが自信にもつながりましたし、効率化や集中力アップ、モチベーションアップなど、さまざまな面でメリットがあったと考えています。それによって、何より、またビーチバレーボールを楽しめるようになったことが大きかったですね。

新しい学びの場は企業に!パソナスポーツメイトの活動

さらに、2017年からはパソナスポーツメイトの一員として、社会人の活動も加わりました。仲の良いトレーナーさんがパソナスポーツメイトの担当者と面識があり、私の「デュアルキャリア」の活動などを知って、興味を持ってもらったのがきっかけです。

競技を続けながら、パソナに所属して、パソナスポーツメイトに関するお仕事もするので、最初は「会社員として働くなんてできるだろうか」と不安になったこともありました。しかし、新しい環境・出会いが自分の人生にとってプラスになることは、もう経験済み。この経験もきっと自分の糧になると思い、挑戦してみることにしました。

パソナでは、「デュアルキャリア」を実践する一人として、情報発信や啓蒙活動をすることにも、仕事として取り組んでいます。

仕事やトレーニング、大学院生活、家事など、多面的に渡る私の生活をホームページやインスタグラムなどを通して伝えることで、自分と同じようなスポーツ選手やそれ以外の方々に対しても、スポーツ選手のキャリアの築き方や、「デュアルキャリア」について、分かりやすく知ってもらうきっかけになるよう活動しています。

さらに、ミーティングに出席したり、営業に同行したりと、今までになかった経験を積む機会をたくさんもらっています。実は、今でもちょっとだけ緊張していて、毎回フレッシュな気持ちで出勤しているんですけどね(笑)。

競技・大学・企業での経験を糧に、目指せ東京2020オリンピック!

複数のキャリアを並行させるうえで、やはりタイムマネジメントには気をつけていますね。大学院に入ったばかりのころ、「全部をちゃんとしなくちゃ」という気持ちが強く、早朝から深夜までトレーニングや練習の予定を詰め込んでいたこともありましたが、身体も心も疲れてしまって。

今では「1日に予定は2つ以上入れない」「夜はなるべく自由に過ごす」など、ルールを決めて、しっかり休息をとれるように心がけています。

現在は、仕事のない日は大学に通い、自身のトレーニングやケア、ビーチバレーボール部のサポートをしています。東京2020オリンピックに出場できるビーチバレーボールの日本代表選手が決まる最終ラインは、2020年の6月ごろ。すべてのトレーニングやケアは、そこに照準を当て、選考対象となる大会や、その後の東京2020オリンピックを視野に入れて調整しています。

ビーチバレーボールはシーズン中の試合数も多く、全国各地で大会が開催されるため、本番に向けて調子を上げていったり、移動日を考慮してケア日を考えたりと、スポーツ科学の考えも取り入れながら、進めています。大学院の博士課程の論文も進めないといけないんですけどね(笑)。

以前は「オリンピックに出たい」という一念でしたが、2020年は東京開催なので、「日本のみんなの前で勝ちたい」という想いも加わって、今までよりもっと前向きにトレーニングに取り組めています。

選手はもちろん、東京2020大会に携わる方々や応援してくださる方々、みんなで勝利の喜びを分かち合いましょう!ぜひ応援よろしくお願いします!

草野歩選手の活躍を応援しよう!

東京2020オリンピックに向けて、草野選手のプレーを見て、応援するチャンスが目白押しです!「デュアルキャリア」を実践しながら、夢の実現に向けて挑戦を続ける草野選手を一緒に応援しましょう。

また、「草野選手のようなアスリートの頑張りを裏から支えたい!」という方は、ぜひパソナにご登録ください。東京2020組織委員会でのお仕事をはじめ、 本大会を支えるさまざまなお仕事を、ご紹介しております。パソナと一緒にアスリートの方々の活躍を応援しましょう!

草野歩選手の活動や試合結果をチェック!公式SNS、Webサイトはこちら

Twitter
Facebookページ
Instagram
草野歩公式Webサイト