パソナは東京2020オリンピック・パラリンピックに
向けて働くスタッフを募集しています

パソナは東京2020オリンピック・パラリンピックに向けて働くスタッフを募集しています

東京2020を知る
2019/03/25

「開催はいつ?どんな競技があるの?」知っておきたい東京2020大会の基礎知識

1964年以来、2度目の開催となる、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下、東京2020大会)がいよいよ迫ってきました。世界最大級のスポーツの祭典とあって、今からワクワクと心待ちにしている方も多いでしょう。今回は、東京2020大会を最大限に楽しむために、まず「これだけは知っておきたい!」という基礎知識をご紹介します。知っているようで意外と知らなかった、大会の概要や実施される競技について、チェックしてみてくださいね。

東京2020大会は、何月何日に開催されるの?

■東京2020大会の 開催期間

まず把握しておきたい情報は、東京2020大会の開催期間と開催エリア。「2020年の夏開催ということはわかっているけれど、何月何日から始まるの?」という方に向けて、まずはカレンダーでご紹介します。

■大会のコンセプトは「都市の中心で開催するコンパクトな大会」

東京2020大会は、都心で行う「コンパクトな大会」というのがコンセプト。選手村を東京の中心に配置することで、アスリートも観客も最短時間での移動が可能になります。どのくらいコンパクトかというと、85%の競技会場と大会関係者が利用するホテルを、選手村から8km圏内に配置したという密接ぶり。

また、東京2020大会の競技会場は、大きく分けて「ヘリテッジゾーン」(内陸部)と「東京ベイゾーン」(臨海部)と呼ばれる2つのゾーンから構成されています。東京1964大会のレガシーを引き継ぐ「ヘリテッジゾーン」にある会場の1つが、国立競技場(正式名称:国立霞ヶ丘競技場)。

1964年当時に建設された国立競技場は、今回の東京2020大会にあたり、最新鋭の競技場「オリンピックスタジアム」に生まれ変わります。未来に向けて発展を続ける東京の象徴「東京ベイゾーン」には、計30の競技が行われる21もの競技会場が設けられるほか、東京ビッグサイトには大会のメディア施設であるIBC(国際放送センター)/MPC(メインプレスセンター)が設置されます。

参考:東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会「会場」

どんな競技で戦うの?

次に、東京2020大会ではどのような競技が実施されるのか をご紹介しましょう。

■開催される競技

東京2020オリンピック競技大会は、水泳・陸上競技・柔道・アーチェリー・バドミントン・馬術・フェンシング・サッカー・ゴルフ・バスケットボール・卓球・テニス・レスリングなど、なんと史上最多の33競技339種目 !世界中から11,000人以上のオリンピアンが参加を予定しています。

また、世界最高トップレベルの障がい者スポーツ大会である東京2020パラリンピック競技大会は、車いすバスケットボールや5人制サッカー、シッティングバレーボールなど、全22競技540種目を実施。史上最多約4,400人の パラリンピアンの戦いが12日間(競技開始は開会式の翌日から)にわたって繰り広げられます。

■東京2020大会で初めて開催される競技は?

今大会から、開催都市が1回限定で「オリンピック競技の追加提案」を行えるようになりました。東京2020オリンピック競技大会で新たに追加された種目は、野球・ソフトボール、空手、スケートボード、スポーツクライミング、サーフィンの5競技18種目。

オリンピックに初めて採用される競技である、サーフィンとスケートボードでは、日本の若手有力選手の活躍が大いに期待されています。また、国民的スポーツともいえる野球・ソフトボールは、3大会ぶりの復活とあって、大いに盛り上がること間違いなし!日本が発祥とされている空手にも注目が集まっています。

注目される競技のスケジュールは?

陸上は、短距離走から走り高跳びまで全48種目もあり、毎日決勝戦が繰り広げられる人気競技のひとつ。また、リオ2016オリンピックでも金メダル獲得数が多く、活躍が期待されている体操やレスリングなどにも注目が集まっています。では、各競技はどのような日程で開催されるのでしょうか。うっかり見逃してしまわないよう、スケジュールを押さえておきましょう。以下で、ほんの一部にはなりますがピックアップしてご紹介します。

※今後の調整により、スケジュールは一部変更される予定があります。

東京2020オリンピック競技大会

●陸上競技 会場:オリンピックスタジアム(新国立競技場)、皇居外苑
トラック&フィールド:7月31日~8月8日
マラソン:8月2日(女子)、9日(男子)

●柔道 会場:日本武道館
7月25日~8月1日(準々決勝/準決勝/決勝)

●体操 会場:有明体操競技場
体操競技(決勝):7月27日~30日、8月2日~4日

●レスリング 会場:幕張メッセ
8月3日~8日(準々決勝/準決勝/決勝)

テニス 会場:有明テニスの森
7月31日~8月2日(準決勝/決勝)

東京2020パラリンピック競技大会

車いすバスケットボール 会場:有明アリーナ
9月1日~9月6日(準々決勝/準決勝/決勝)

●柔道 会場:日本武道館
8月28日~30日(決勝)

●車いすテニス 会場:有明テニスの森
9月1日~5日(決勝)

詳しい大会スケジュールはこちらをご参照ください。
東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会「東京2020大会スケジュール」

2020年の夏、世界最大級のスポーツの祭典を楽しもう!

世界中がスポーツを通じてひとつになれる東京2020大会。アスリートとして出場する方はもちろん、競技場に足を運んで応援する方、裏方として大会や競技の運営を支える方など、誰もが一丸となって盛り上がれるのがオリンピックとパラリンピックの醍醐味です。

そしてもちろん、実際に行くことができなくても、テレビやインターネットを通じて大会に触れることで、きっと一生忘れられない感動体験ができるでしょう!

パソナに登録して
大会スタッフ(職員)に応募する